Return to site

代理発表で思うのは

日本デザイン学会 第65回春季研究発表大会(180622−24)
大阪工業大学 梅田キャンパス
代理発表は初めて.
(気象庁から数日間強い余震の可能性ありと報道がされたため,他大学同様危機管理の点から本学学生の参加は見送ったため)
質問やコメントに学生はどう応えていたかと思いを強く巡らせるよい機会に.新たに作ったKeynoteと学生のKeynote(チェック済)を比較して,「私が発表するとして」と言う前提のシミュレーションのチェックではなかったなあ・・と反省
エクスカーションが中止となれば,ぽっかり空いた時間を有効活用しなければなりませぬ.懇親会後に食い倒れの街を回るのは,勿論,将来の子どものためのデザイン研究の一環としてですね・・・

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly